工務女子うえすぎ

初心者がWordPressでブログを作ったり、資格試験の勉強したり、旅行に行ったり、気になる商品を紹介したり。女子力を見失いつつ工務しているウエスギの迷走ブログ。※9月に試験があるので、終わるまでブログ絶ちしてます。

豊島観光 豊島美術館ははずせない!島内全て見るには日帰りじゃ難しい

time 2017/03/22

豊島観光 豊島美術館ははずせない!島内全て見るには日帰りじゃ難しい

ベネッセアートサイト直島のうちの、豊島観光についてです。

とはいうものの、今回は犬島の帰りに寄っただけなので時間がありませんでした。

ただし、わかった事が一つ。

直島に渡る場合、日帰りじゃ足りないよ!!!
(高松港利用の場合は、たぶん大丈夫)

ついでに、時期や曜日によって鑑賞できない作品もあるから、1回じゃ済まないかもね!

 

関連記事:
一泊二日 直島・豊島・犬島、無理なく楽しい観光ルート
直島観光 船・バス・自転車と交通手段が豊富で効率よく回ればたくさん楽しめる
犬島観光 独特な廃墟アート(?)人工物が自然に呑み込まれていく美しさ
事前に知らない方が良いかもしれない ベネッセアートサイト直島の展示内容

 

sponsored link

兎にも角にも 公共交通機関の時間確認!!

 

まず船です。船を逃すとタイヘンです。
最悪、帰れなくなってしまいます。

ベネッセアートサイト直島のアクセス案内

ちなみに、船のチケットは出港の30分前からしか買えないので「到着してすぐに帰りのチケットを買っておく」は無理です~

 

【各種 航路と時刻表】

四国汽船 時刻表
宮浦(直島)⇔家浦(豊島)⇔犬島
直島・豊島・犬島全部見たい欲張りコース

小豆島豊島フェリー 時刻表
宇野⇔家浦(豊島)⇔唐櫃(豊島)⇔土庄(小豆島)
直島・犬島を無視して小豆島まで渡っちゃうコース

豊島フェリー 時刻表
家浦(豊島)⇔本村(直島)⇔高松
家浦(豊島)⇔高松
四国の高松港をメインに行動するコース

 

船を確認したら、次は島内での移動手段。
豊島は直島よりも大きな島なので、歩いて回るのは難しいです。

しかし、豊島のパンフレットには「自家用車の乗り入れは控えよう」とある・・・えーーー?

というわけで、島内にあるレンタカー・レンタサイクル・バスを利用する事になります。
レンタル屋さんは至る所にあるので、よほど観光者が多くない限り、自転車を借りられない事は無いでしょう・・・が、もちろん予約が安全です!

 

レンタカー

レンタカーが1番楽だとは思いますが、島内の道は細くてカーブも多く、車道にはレンタサイクルも走りますので、運転に自信の無い方にはオススメできません

駐車場も直島より少ない感じがしました。

レンタサイクル

レンタサイクルの場合は電動自転車をオススメします。
山越えとか普通にあるので、普通の自転車だとかなりキツイですよ!

自転車を利用している人が多かったですが、見晴らしの良い道も結構あるので、とても気持ち良さそうでした。

バス

料金一律200円のバスが運行しています。

・・・が「島民優先のバスです。島民の方へのご配慮をお願いします」って。
なんだ??どうしたら良いんだ??

混雑のため運行ダイヤが遅れることもあります。早めの便のご利用をおすすめします」とも書いてあるけど、1日4本しかないんですが・・・早目って、ちょっと無理なんですが・・・

豊島シャトルバス 時刻表

とはいえ、ちゃんとバスに乗れましたよ!!

バスは【料金箱(ただの箱)】があって、そこにお金を入れる形なので、小銭を持って行って下さいね!
でないと運転手さんにお釣りをもらうことになります。
両替機とかありませんからね!

運転手さんもとても親切な人で、家浦港に走る途中、家浦港を目指して歩いている人に声をかけて乗車させてくれました。

バスを利用したのは月曜日だったので、乗客は多くはなかったです。
これが混雑する時期だったら・・・乗れないかもしれないですね。

 

やっぱり、豊島では自転車が1番の交通手段でしょう。
(雨の日を除く)

 

下の画像は、豊島のパンフレットにあった島内の地図。
私は直島で入手しましたが、豊島でももちろん手に入ると思います。
ベネッセアートサイトの各所に置いてあるパンフレットは、どれもとても見やすいです。

豊島パンフレットこちらは、パンフレットに書いてあった電動自転車・徒歩での島内移動時間の一覧。
元気な人は歩くのも不可能ではない・・・けど・・・家浦港⇒豊島美術館75分とか・・・無理・・・・

豊島パンフレット

 

開館日を確認しておこう!特に冬季は注意!

 

野外の展示があったりで、冬季閉館している所が多いです。

夏でも週に数回しか見れない作品もあるので、コチラで確認しておいた方が良いです。

トムナフーリが見たかったけど、やってなかった・・・残念。
まぁ私の場合は時間的に無理でしたが。

 

飲食店も事前に予約・確認が吉。

 

私は犬島から豊島に来たので、着いたのは13:30頃でした。

事前に地図を見ていましたが、たくさん飲食店があるので、昼食も簡単に食べられると思ってた。

しかしですね、ほとんど閉まってるんですよ!港近くのお店が!!

ランチが終わったせいなのかもしれないし、冬だったからかもしれないし、月曜日は定休日なのかもしれない。
コンビニも無いし、家浦港にキオスク的な売店も無い・・・

正直、ちょっと途方に暮れてしまいました。

美術館内のカフェなんかは開いてるんでしょうが、遠いので行けない。
バスを利用しようにも、14:26まで無い・・・

っていう事があるので、事前予約がオススメです!
もちろん時間にもよるし、時間がある場合はレンタサイクルなどでウロチョロすれば良いんですが。

 

そして、そんな腹減り虫の私を救ってくれたのは、家浦港に来た「パンの移動販売」!!

もちろんガッツリ買って食べましたよ!
おいしかったよ!おじちゃん、ありがとう!!!

こんなのも、旅行の楽しみってことで。

ちなみに、唯一開いてた「いちご屋」さんのクレープとスムージーを頂きました。
クレープが具でギッシリ!!!下までクリームとイチゴが詰まってた!ウマッ!!!

 

時間が無くても【豊島美術館】だけは見たい!

 

コチラで詳しく書いていますが、上陸したら豊島美術館は絶対に見て欲しいです!!

なんかもう、ずっと居たくなるよ!!

バス利用の時も、船に合わせた時刻表になってるし、何とか日帰りで見れます。

心配なら、バスの運転手さんに「港に着いて、すぐに○○行きの船に乗るんですが、間に合いますか?」って聞いてみると良いです。
時刻表的には間に合うようになっていますが、一言運転手さんに伝えると、気持ちが違いますよね(お互いに)

豊島美術館

豊島美術館の外観。
ここから芝生を突っ切って入れると思ったら、立入禁止だった・・・
写真スポットって事だったのかも。

冬の終わりに行ったので、全体的に草が寂しい感じです。

夏に行ったら、青々として綺麗なんでしょうね~~

 

まとめ

 

今回、豊島に居れた時間は2時間半程度だったので、ほんとに豊島美術館見るので精一杯でした。

色々回りたい方は、便数の多い高松港を利用して滞在時間を延ばすか、宿泊するしかないみたいです。

個人的には、今回は豊島美術館を見れて充分満足したのと、また来るぞ!!ってなりました。

次は他の作品も見れる日程で来たいと思いますヽ(*^^*)ノ

 

関連記事:
一泊二日 直島・豊島・犬島、無理なく楽しい観光ルート
直島観光 船・バス・自転車と交通手段が豊富で効率よく回ればたくさん楽しめる
犬島観光 独特な廃墟アート(?)人工物が自然に呑み込まれていく美しさ
事前に知らない方が良いかもしれない ベネッセアートサイト直島の展示内容

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

sponsored link

コメント

コメントを残す

サイトハウンド

初心者がブログ立ち上げに悩む話

宅地建物取引士

未分類

2級建築士

こんな人

うえすぎ

うえすぎ

サイトハウンド大好き。動物と植物大好き。 生まれ変わるなら樹木か妖怪になりたい。 たくさんの人と絡みたいと思っているけど、なかなか声が掛けられない小心者です。お気軽にお声掛け頂くと泣いて喜びます。 最近タイトルと内容が全然合ってない事に気づき、タイトル通りの内容を書く気配も無いので、いっそ変えようか悩んでる。 はてブの使い方がイマイチわかっていません。

アーカイブ



sponsored link

UA-88033039-3