きになるウエスギ

初心者がWordPressでブログを作ってみたり、旅行に行ったり、好きなことや気になることを叫んだり。生まれ変わるなら樹か妖怪になりたいウエスギの迷走ブログ。

直島観光 船・バス・自転車と交通手段が豊富で効率よく回ればたくさん楽しめる

time 2017/03/22

直島観光 船・バス・自転車と交通手段が豊富で効率よく回ればたくさん楽しめる

ベネッセアートサイト直島へ行った際の、直島観光についてです。

直島は、見るものがたくさんあってタイヘン!!!

でも、バスもレンタサイクルも充実しているので、1日で回るのも難しくないです。

 

 

関連記事:
一泊二日 直島・豊島・犬島、無理なく楽しい観光ルート
豊島観光 豊島美術館ははずせない!島内全て見るには日帰りじゃ難しい
犬島観光 独特な廃墟アート(?)人工物が自然に呑み込まれていく美しさ
事前に知らない方が良いかもしれない ベネッセアートサイト直島の展示内容

 

sponsored link

移動手段は徒歩・バス・レンタサイクルが多い

 

移動手段と関係ないけど、宮浦港は、すっごくオシャレ!!
全面ガラス張りで何かの美術館みたい。

宮浦港

 

バスの場合

直島はバスが充実しています。
メインの美術館前にはバス停があるし、1時間に多い時で3本あったりするので、バスの時間さえ押さえておけば、かなり快適に回れます。

しかも、シャトルバスは無料!なんて親切なんでしょう~~

町営バス・ベネッセアートサイト直島場内シャトルバス時刻表

町営バスは「宮浦港⇔つつじ荘
ベネッセアートサイト直島場内シャトルバスは「つつじ荘⇔地中美術館

どうしても、つつじ荘で乗換えが必要なので、ここだけは注意です!

市営バスは、こんなに可愛いデザイン!直島市営バス

 

自転車の場合

レンタサイクルも充実しています。

アート鑑賞するエリアは以下の3エリアに分かれています。

  • 宮之浦エリア:宮浦港の辺り。飲食店や赤かぼちゃ、Bunraku Puppet、直島パヴィリオン、Iらぶ湯などが見れます。
  • ベネッセハウス周辺:ベネッセハウスミュージアム、地中美術館などがあります
  • 本村エリア:本村港、役場、飲食店、家プロジェクトなどがあります。

それぞれのエリアは少し距離がありますが、電動自転車ならサイクリング気分で移動できる距離。
(山な部分もあるので、電動じゃないとキツイです)

雨だと・・・ちょっと絶望的な気分になりますが。

 

徒歩の場合

全部徒歩はさすがに無理だと思います。

が!!!観光中はとにかく歩き回りますから、歩きやすい服装は絶対です!

 

車の場合

私はフェリーで車を持ち込み、車と徒歩であちこち回りました。
といっても、車を停められる場所は限られる為、ほぼ歩き

宮浦港⇔本村エリア、宮浦港⇔つつじ荘 の移動に車を使った位です。

最終的に、車で来なくても良かったかなーと思いました。
あればあったでもちろん便利ですけどね!

 

見たアートの感想を、端折って簡単にまとめたよ

 

感想とかまとめたとか、偉そうな事いってますが、一応ね。
どんなんか知りたい人が居るかもしれないし。一応ね。
アートなんだから、人の感想なんて見ても仕方ないと思うけど、一応ね。
写真も一緒にね

※見た順番に書いています。
※屋外展示作品のマップは、ベネッセハウスミュージアムで手に入れましたが、他でも置いてあるはず。この地図があると見落とさず見れると思います。
ベネッセ屋外展示作品地図

  1. 南瓜(草間彌生):黄色の南瓜。瀬戸内海を背景に絶好の写真スポット!
    草間弥生 南瓜
    草間弥生 南瓜
  2. かえると猫(カレル・アペル):2~9は屋外なので、晴れた日に見たいです。色も鮮やかで緑に映える~
  3. ニキ・ド・サンファールの多数の作品:個性的でラブリー
    ニキ・ド・サンファール 腰掛
  4. 平面によって2分割された円筒(ダン・グラハム):内側から太陽が見れます。日食の時面白そう。
  5. 三枚の正方形(ジョージ・リッキー):動くよ!この辺はシャトルバスに乗ると通り過ぎちゃう場所です。
  6. シップヤード・ワークス(大竹伸朗):うっかり見落とさないで下さい!写真の矢印の先に6と7があるよ!8と9もこの階段の反対側にあるよ!
    大竹伸朗 シップヤードワークス
  7. タイム・エクスポーズド ミルトア海、スーニオン(杉本博司):木に隠れてるけど、見落とさないで!船が刺さってるよ!
  8. 見えて/見えず 知って/知れず(ウォルター・デ・マリア):階段の下にあるけど、見落とさないで!行った時は扉が閉まってました。
    ウォルター・デ・マリア
  9. 茶のめ(片瀬和夫):これもうっかり見落としそうな場所にある・・・
  10. ベネッセハウスミュージアム:個人的には「3人のおしゃべりする人」と「ザ・ワールド・フラッグ・アント・ファーム1990」が面白かった。旗を見ていると、おしゃべりのBGM・・・時々歌うよ!
    開館時間:8:00~21:00、年中無休、1,030円
    ベネッセハウスミュージアム入り口ベネッセハウスミュージアム入り口
  11. フォー・ラインズ(ジョージ・リッキー):ベネッセハウスミュージアムのカフェあたりから出れるテラスから見えます。風で動くので、ついじっと見てしまう。
  12. 文化大混浴 直島のためのプロジェクト(蔡國強):いった時はお風呂は無くて残念。回りに置いてある石がすごく不思議な形。文化大混浴
  13. タイム・エクスポーズド ノルウェー海、ベステローデン諸島(杉本博司):遠くからでもくっきりした色で目立ってた。
  14. スラグブッダ88(小沢剛):進入禁止だったのかな?危なそうだったから近付かなかった。たくさんのお地蔵さんが並んでました。
  15. 李禹煥美術館:外から見ただけだけど、安藤忠雄っぽい建物!!
    開館時間:3/1~9/30→10:00~18:00、10/1~2月末日→10:00~17:00、月曜休館(祝日の場合開館、翌日休館)、1,030円
  16. 地中美術館:もう、何が何やら。構造が理解できず悩みました。建築と一体化した作品は、是非見てください!
    開館時間:3/1~9/30→10:00~18:00、10/1~2月末日→10:00~17:00、月曜休館(祝日の場合開館、翌日休館)、2,060円
    地中美術館地図
  17. 赤かぼちゃ(草間彌生):(宮浦港周辺)こっちの南瓜は中に入れるよ!床にライトが埋め込んであって、夜みるとぼんやり光って綺麗!
    草間弥生 赤かぼちゃ草間弥生 赤かぼちゃ草間弥生 赤かぼちゃ
  18. Bunraku Puppet(ジョゼ・デ・ギマランイス):(宮浦港周辺)象に見えたけど・・・違うのだよね。
  19. 直島パヴィリオン(藤本壮介):(宮浦港周辺)中に入れます。昼は人がいっぱい居て入れなかったので、夜行ったらライトアップされてて綺麗だった。
    藤本壮介 直島パヴィリオン
    藤本壮介 直島パヴィリオン
  20. Iらぶ湯(大竹伸朗):(宮浦港周辺)面白いけど落ち着いて入れない・・・
    開館時間:平日14:00~21:00、土日祝10:00~21:00、月曜休館(祝日の場合開館、翌日休館。メンテナンス期間は臨時休業)、510円
  21. ANDO MUSEUM(安藤忠雄):(本村エリア)コンクリートと木造の融合。その他安藤さんに関する展示。
    開館時間:10:00~16:30、月曜休館(祝日の場合開館、翌日休館)、510円
  22. 護王神社(杉本博司):(本村エリア)階段が氷みたいで綺麗!
    杉本博司 護王神社
  23. 南寺(ジェームズ・タレル/安藤忠雄):(本村エリア)詳しくはコチラ
  24. 石橋(千住博):(本村エリア)詳しくはコチラ

※それぞれの開館時間はコチラで確認してくださいね!

 

泊まった宿は「島宿 あいすなお」さん

 

宿泊先は、楽天トラベル 国内宿泊で予約しました。
旅行のときは、ここで予約するのが1番安いので、いつも利用してます。

宿泊するたびに楽天ポイントが溜まって、ネット予約する時に溜まったポイントも使えるし便利ですよ。

話が逸れましたが、直島の宿は、それぞれ個性的っぽいので、色々調べてみると面白いです。

島宿あいすなお」さんは、古民家を改修した民宿で、個室にはエアコンも付いてるし、遅い時間でも出入りできるし、快適でした。
お風呂は古いタイル風呂ですが、お湯が勢いよく出るので、寒い思いはしません。

ほんと、おばあちゃんちに居るみたい。

日曜日の夜に泊まったので、他に宿泊客は1組だけで、共用のトイレも洗面台も、誰にも会いませんでした。

ミニキッチンも共用であるので、お湯を沸かしたりは出来ます。
電子レンジ・冷蔵庫もあるので、長期滞在も出来そうですね!

 

ベネッセハウスにも泊まってみたかったけど、こちらは結構前から予約しないと取れなさそうです。

 

地図に載っていないアートたち

 

これ、何かと思ったら駐輪場なのね。

直島駐輪場本村港の近くにありました。
中に待合室みたいなのもあるし、船の待合所&駐輪所?

夜見ると、すごく綺麗でしたよ!!

あと写真撮るの忘れたけど、空き缶アートの看板があったり、浮きカエル(海の浮き球で作ったカエル)の展示があったりと、気をつけてみると色々な所にアートが転がってます。

役場のすぐ近くにある公民館みたいなのも、すごく素敵でした。
オシャレすぎて、ちょっと普通じゃないよね!

興奮しすぎて写真撮り忘れちゃったけどね!

赤かぼちゃの側には、これまた可愛らしい椅子があります。
赤血球(!?)のような形で、座り心地も良い!これ欲しい!

赤かぼちゃ側の椅子

赤かぼちゃ側の椅子

 

直島で買ったお土産

 

お土産は、食べ物派です。
食べたり、使ったら無くなるものがいいです。

でも直島はアートの島だから、お土産もステキな物がたくさんあるんですよね。

意味も無く鳥の置物とか買いたかった・・・でも家に物が増えると困るから、ガマン。オトナになったな。

 

お決まりの「ポストカード」

親戚に「ココに行ったよ」とわかりやすい説明のために。
やっぱり、南瓜が一番インパクトありますね。

直島土産 ポストカード

 

会社の人用に「草間彌生さんの水玉南瓜デザインのクッキー」

味は食べてないのでわかりませんが、箱が可愛い!!!
これだけで、どこのお土産か わかる人はわかっちゃいますね!

お土産は「わかりやすい」が1番!

直島土産 草間弥生クッキー

 

実家へ送るように「和三盆」「南瓜クッキー」

大抵の場合、実家に「レターパック」でお土産を送るので、薄いブツを。

でもこれ、付く頃には粉々になってないか・・・?

和三盆は入れ物が可愛いし(これは四角の箱ですが、丸い缶タイプもありました)南瓜クッキーは大きくて食べ応えありそう!!

直島土産 和三盆

直島土産 和三盆

直島土産 南瓜クッキー

 

オヤツ用の「塩きんつば」と「塩ドーナツ」

あ、塩ドーナツ包装してる時の写真撮り忘れた・・・

どちらも空腹時にとっても役に立ってくれました!
後味が塩!ちょっとしょっぱくて、飽きない!

塩きんつばは餡ぎっしりで、良い保存食的な感じでした~!

直島土産 塩きんつば直島土産 塩ドーナツ 塩きんつば

 

自分用に「塩」と「巨大マカロン」

 

塩は実用的だし、定番ぽいから良いとして。

もちらん、味も良い!旨みがぎゅっと詰まってる感じ!!
買ったのは袋タイプですが、宮浦港のお土産売り場(海の駅「なおしま」)には小さなビンに入ったものなど、色々ありました。

直島土産 塩

問題は、宮浦港内のお土産売り場のあたりで売ってる、この 直島マカロン

!!!!

直島マカロン
この直島マカロンというブツ、色んな味があるんですが、でっかい肉まん位の大きさがある!!!
この男らしさに惚れて、つい買ってしまった・・・・!2個も

直島マカロン

直島マカロンマカロンなのに可愛さが ほぼ 皆無。

表面はマカロンでサクサクなんだけど、中心に近付くにつれて「もっちり」してくる。
そんで、中心には何と!!!「チーズ・・??」・・・いや、生クリームの硬いやつかな?
いや、ホワイトチョコレート!!

と、このように色んな味と感触を楽しめる1品となっております。

大きなハンバーガーみたいな感じだよ。
お値段360円位。それこそハンバーガーくらいだね!

お腹もかなり膨れます(パンパンに。)

直島マカロン半分に切ってみたところ。これがしたいために、家まで持って帰ってきました!
もはやハンバーガー!!!

 

まとめ

 

なんか色々書きましたが、結論は「面白いよ!一度は行ってみようよ!!」っていう場所でした。

美術館はだいたい15歳以下無料なので、お子さん連れでもおサイフに優しい!!!

お宿も民宿だとホテルより安いので、泊まりやすいと思います。
頑張れば日帰りでも充分楽しいしね!!

 

関連記事:
一泊二日 直島・豊島・犬島、無理なく楽しい観光ルート
豊島観光 豊島美術館ははずせない!島内全て見るには日帰りじゃ難しい
犬島観光 独特な廃墟アート(?)人工物が自然に呑み込まれていく美しさ
事前に知らない方が良いかもしれない ベネッセアートサイト直島の展示内容

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

sponsored link

コメント

down

コメントする




資格試験

雑記

こんな人

ウエスギ

ウエスギ

サイトハウンド大好き。動物と植物大好き。 たくさんの人と絡みたいと思っているけど、なかなか声が掛けられない小心者です。お気軽にお声掛け頂くと泣いて喜びます。 タイトルと内容が全然合ってない事に気づき、タイトル変えちゃいました。 じわじわ常時SSL化していますので、変な表示があったらごめんなさい。



sponsored link

UA-88033039-3