きになるウエスギ

初心者がWordPressでブログを作ってみたり、旅行に行ったり、好きなことや気になることを叫んだり。生まれ変わるなら樹か妖怪になりたいウエスギの迷走ブログ。

MySQLデータベースのバックアップを取る方法(ミニバードの場合)

time 2017/02/01

MySQLデータベースのバックアップを取る方法(ミニバードの場合)

データのバックアップを取っておくことは大事です。
ホント。ほんとーーーーに大事です。

面倒だけど、何かあったときに。

今回「ミニバードのサーバーでのディスク故障」でMySQLデータベース以外のデータが吹っ飛んだ時に、心の底から思いました。

これで、MySQLも無くなってたら、もう心折れてブログ辞めてたかもしんない・・・・

そんなこんなで、初心者でもわかるように心掛けつつ、データベースのバックアップ方法を説明します。

 

sponsored link

ミニバード管理ツールからphpMyAdminにログインする

 

バックアップを取るには、phpmyadminにログインする必要があります。
ここから色々操作ができるんですね。

ネットオウルにログインし、ミニバードのサーバー管理ツールを開きます。

データベース設定よりphpmyadminタブをクリック。

ミニバードでデータベース保存

ここでユーザー名とパスワードを聞かれます。

ユーザー名:MySQLユーザー名
パスワード:データパスワード

これらはデータベース設定のMySQL一覧の下部に表示されています。

パスワードを忘れてしまったら、「パスワード変更」で変えてしまいましょう。

バックアップを取るデータベース名の横の「権限設定済ユーザ」に対応したユーザー名・パスワードを入力して下さい。

 

ログインできました。

 

phpmyadminでデータベースをインポート。自分のPCにバックアップする。

 

なんだか、初心者には触ってはいけない雰囲気の画面ですね。

普段「PC苦手な人でもわかる!」的な画面ばっかり見てると、ドキドキしちゃいます。

でも難しいことはないので大丈夫。淡々と作業をしましょう!

左のデータベースから、バックアップを取りたいデータベース名を選択します。

ミニバードでデータベースバックアップ

すると、画面が切り替わって、データベースの内容が表示されます。

インポートタブをクリック。

ミニバードでデータベース保存

保存場所を指定する画面になりましたね。

「テキストファイルの位置」で、自分のPCの何処にデータを保存するか聞かれるので、

参照をクリックして好きな場所を選びます。

そして「実行する」クリック。

ミニバードでデータベース保存

これで完了です。

指定した場所に「~~.sql」というファイルがあるか確認してください。

ミニバードでデータベース保存

 

まとめ

今回のミニバードの事故?で、このブログの復旧にだいぶ時間がかかりました。

この辺の作業って、探してもなかなかヒットするものって見つからないものですね。
初心者だから、そもそもphpmyadminがどこにあるかも知らなかったですよ。

あれこれ調べていたら何時間もかかりました・・・

普段からの備えが大切です!

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

sponsored link

コメント

down

コメントする




資格試験

雑記

こんな人

ウエスギ

ウエスギ

サイトハウンド大好き。動物と植物大好き。 たくさんの人と絡みたいと思っているけど、なかなか声が掛けられない小心者です。お気軽にお声掛け頂くと泣いて喜びます。 タイトルと内容が全然合ってない事に気づき、タイトル変えちゃいました。 じわじわ常時SSL化していますので、変な表示があったらごめんなさい。



sponsored link

UA-88033039-3